top of page

スタッフブログ vol.10

更新日:1月10日





皆さん、こんにちは✨


Cross Point受付スタッフのマツシマです!



12月ももうすぐ終わり!クリスマスもあっという間でしたね。



クリスマスとは何か!?、そう!イエス・キリストの誕生日です。



そこで、今日は誕生日のパラドックスについて話したいと思います。



一年を365日とします。(2月29日生まれの方、ごめんなさい!)



30人の集団の中に同じ誕生日の人がいる確率はどのくらいだと思いますか?



どうでしょうか?365分の30?



実は、約70パーセントなんです。



思ったよりも高い!という人が多いのではないでしょうか?



これは、30人のうちの不特定の二人が同じ誕生日であればよく、30人から2人の選び方は435通りもあるので、思ったより高い確率になるわけです。



これは誕生日のパラドックスと呼ばれているもので、矛盾というわけではないですが、多くの人の直感と反しているためパラドックスと呼ばれています。(反していましたか?)



ちなみに、自分と同じ誕生日の人が30人の中にいる確率は約8%です。

これは感覚と一致しているのではないでしょうか。



特定か不特定かでこんなにも変わる・・・確率って面白いですね!




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page